logo

15の航空会社にマイル移行できる万能カード

おすすめカード!最もバランスの取れた国内ラウンジも使えるANAカード

VIASOカード

ANAの飛行機によく乗る方でVISA欲しい方

メトロ利用でもカード利用でもANAマイルが貯まる

詳しい解説はこちらから

ANAマイルが貯まるクレジットカード

マイルとは?

そもそもマイルとはなんでしょうか。マイルとは飛行機に乗れるポイントのことを指します。

マイルをためることによって14,000マイルくらいで、沖縄とか韓国にマイルだけで行くことも可能です。通常数万円かかる航空券がタダになってしまうなんてお得ですよね。

マイルの貯め方

飛行機にただで乗ることができてしまうマイルですが、どのようにすればマイルが貯まるのでしょうか。ここではマイルのため方について解説をします。

マイルのため方は、全部3つあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.クレジットカードを発行した時のキャンペーンでマイルをもらう。

ANA~といったANAがついているクレジットカードはカードを作るときに新規入会特典としてマイルをもらうことができる場合があります。これは、クレジットカード会社が入会特典として行っているキャンペーンでマイルをもらうためには期間限定のキャンペーン中に申込みする必要があります。

ANAアメックスゴールドなどは発行するだけで海外旅行に行けるぐらいのマイルがもらえます。また、ANAアメックスやANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)はカードを継続するだけで毎年マイルがもらえます。

2.クレジットカードでマイルを貯める

次に紹介することは、陸マイラー必見の普段の生活でクレジットカードを使ってマイルを貯めることです。

通常クレジットカードを使うとポイントがたまりますがANAカードやJALカードであればポイントの代わりにマイルが貯まります。貯まるポイント数は、使っているANAカードによって異なり、1,000円5マイル〜100円マイルまでとカードの種類によって大きく異なります。マイルの価値は1マイル1円〜7円と幅があり、長距離の海外線の場合は、マイルの価値が非常に高くなりクレジットカード会社のポイントより価値が高い場合が多くなります。

3.飛行機に乗ってマイルを貯める

マイルは飛行機に乗って貯めることもできます。ANAマイルが貯まる飛行機は、ANAやグループ会社の国内線、ANAやスターアライアンス各社の国際線で貯まります。

JALマイルはJAL系列やワンワールドの飛行機に搭乗することでマイルを貯めることができます。

マイルを貯めるときの注意点

このマイル実は大きな落とし穴があるのです。それはマイルの有効期限が3年ということ。せっかくマイルを貯めたとしても有効期限切れになってしまったらもったいないですよね。

ただ有効期限がないカードも存在しているので、後ほどご紹介をしたいと思います。

おすすめのANAマイルカードとは?

やはりANAアメリカンエキスプレスカード、スカイトラベラーカードがおすすめです。

ANAの飛行機によく乗る方は、ANAグループの利用の場合還元率が2%のANAアメリカンエキスプレスゴールドカードが絶対的におすすめです!

カード名年会費マイル還元率マイルの有効期限移行手数料備考
スカイトラベラーカード10,000円(税抜)1%無期限無料、ANAのみ5,400円(税込)
ANA アメリカンエキスプレスカード7,000円(税別)1%(1.5%)無期限6,000円/年ANAグループの利用の場合還元率が1.5%
ANA アメリカンエキスプレスゴールドカード31,000円(税抜)1%(2%)無期限無料ANAグループの利用の場合還元率が2%
ソラチカカード初年度無料
次年度以降2,000円(税別)
0.5%(1%)最大5年無料(マルチポイントコース 5マイル)
5,000円(税別)(マルチポイントコース 10マイル)
マイルアップサービス5,000円(税別)に加入すれば倍マイルが貯まる

まずマイルを貯めるうえで重要なことは有効期限がないことだと思います。マイルを貯めていて有効期限が切れてしまってはもったいないです。

ANAアメックスカードであれば、年6,000円(税抜)かかるがポイント移行コースに入り好きなタイミングでANAマイルに交換すればマイルの有効期限はありません。※アメックスのポイントは無期限。

スカイトラベラーカードの場合、メンバーシップ・リワード・プラス」(ポイント無期限になるサービス)本来年会費は3,000円(税抜き)が無料でついているので無期限でためることができます。

また、以下がおすすめポイントです。

ANAアメリカンエキスプレスカード

  • ・継続時1000マイルのボーナスマイル
  • ・最高3000万円の海外旅行傷害保険(家族特約つき)
  • ・国内の主要28空港+ハワイ・ホノルル空港+韓国・仁川空港の30カ所の航空ラウンジが利用できて同伴者1名が無料。このサービスはラウンジが利用できるクレジットカードの中でも最も格安です。
  • ・空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカードのほうがマイルが貯まりやすくお得度は高いですが年会費が31,000円と高額なのでまずはANAアメックスカードを試すのもよいでしょう。

ANAアメリカンエキスプレスゴールドカード

  • ・ANAグループでカードを利用すると、ポイントが通常の2倍
  • ・継続時に2000マイルのボーナスマイル
  • ・最高1億円の海外旅行傷害保険(家族特約つき)

スカイトラベラーカード

貯めたポイントは15の提携航空会社のマイルへ移行できる。航空券購入で100円につき3マイル分のポイントが貯まる。

  • 死亡・後遺障害保険金:最高3,000万円
  • 傷害・疾病治療費:最高100万円

おススメカード一覧

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカンエキスプレスが発行するクレジットカードです。

amex-sky
年会費(2年目以降)(税別)10,000円(10,000円)
還元率の目安0.333% 〜1.000%
ETCカード500円海外旅行保障最高3,000万円
最短発行日数2週間ポイント有効期限無期限

ANA VISAカード

ANA VISAカードが発行しANAマイルが貯まる航空系クレジットカードです。

anavisa
年会費(2年目以降)無料(2,000円)
還元率の目安0.500%〜0.500%
ETCカード500円海外旅行保障最大1,000万円
最短発行日数3週間程度ポイント有効期限24ヶ月

ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカードが発行しANAマイルが貯まる航空系クレジットカードです。

anavisa-gold
年会費(2年目以降)14,000円(14,000円)
還元率の目安0.500%〜0.500%
ETCカード500円海外旅行保障最大5,000万円
最短発行日数3週間程度ポイント有効期限24ヶ月

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行するANAマイレージが貯まるゴールドカードです。

amex

入会特典

入会と3ヶ月間の利用で合計【60,000マイル】相当獲得可能!
キャンペーン期間:2019年10月15日まで

年会費(2年目以降)(税別)31,000円(31,000円)
還元率の目安0.400%~0.800%
ETCカード無料海外旅行保障最高1億円
最短発行日数2週間ポイント有効期限無期限

※ETCカードは新規発行手数料は1枚につき850円(税別)。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.が発行するANAマイレージの貯まるクレジットカードです。

amex

入会特典

入会と3ヶ月間の利用で合計【35,000マイル】相当獲得可能!
キャンペーン期間:2019年10月15日まで

年会費(2年目以降)(税別)7,000円(7,000円)
還元率の目安0.400%~0.600%
ETCカード無料海外旅行保障3,000万円
最短発行日数2週間ポイント有効期限36ヶ月

※ETCカードは新規発行手数料は1枚につき850円(税別)。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

anajcb-soratina

☆作るなら今!!!ご入会キャンペーン実施中☆

もれなく【最大19,600マイル】相当もプレゼント!
キャンペーン期間:2020年4月30日まで

年会費(2年目以降)無料(2,000円(税抜))
還元率の目安0.500%~0.500%
ETCカード無料海外旅行保障最高1,000万円(自動付帯)
最短発行日数最短5営業日ポイント有効期限24ヶ月

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは、JCBが発行しているクレジットカードです。審査も柔軟なのでおすすめのクレジットカードです。

jcb
年会費(2年目以降)1,250円(税抜)
還元率の目安0.500%~2.500%
ETCカード無料海外旅行保障最高3,000万円(利用付帯)
最短発行日数1営業日ポイント有効期限24ヶ月