logo

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードが発行しANAマイルが貯まる航空系クレジットカードです。

anavisa-suica
年会費(2年目以降) 無料(2,000円)
還元率の目安 0.500%〜0.500%
ETCカード 500円 海外旅行保障 最大1,000万円
最短発行日数 2週間程度 ポイント有効期限 24ヶ月

☆作るなら今!!!ご入会キャンペーン実施中☆

もれなく【最大22,000マイル相当】プレゼント!

詳しい解説はこちらから

ANA VISA Suicaカードの特徴

  • Suica機能搭載!飛行機も電車も、これ1枚
  • ANAマイルがたまる!ボーナスマイルの特典!
  • たまったポイントはマイルへ移行も可!

Suica機能搭載!飛行機も電車も、これ1枚

「クレジット機能」・「マイレージサービス」・「Suica機能」の3つの機能が1枚になったカードです。飛行機、電車、ショッピング・・・。全部これ1枚でOK!10,000マイルを10,000円分のSuicaに直接交換が可能です。

ANAマイルがたまる!ボーナスマイルの特典!

"入会&継続時:それぞれ1,000マイル。搭乗ごと:区間基本マイレージの+10%。 ポイント移行でたまるマイルに加え、フライトや提携店でのショッピング利用で100円毎に1マイルたまります。また、Edyチャージ(200円=1マイル)&Edyでの支払い(200円=1マイル)でこちらもダブルでたまります。 "

たまったポイントはマイルへ移行も可!

三井住友カードとの提携カードのため、ポイントは三井住友カードの「ワールドポイント」として貯まります。このポイントはANAマイルに交換が可能ですが、2つのコースが用意されておりそれぞれの移行レートが異なります。

一つ目が「10マイルコース」で年間6,000円(税抜)の移行手数料がかかりますが、1,000円=1ポイント=10マイル(移行レート:0.01マイル/円)で変更が可能です。もう一つが「5マイルコース」です。移行手数料は無料ですが、1,000円=1ポイント=5マイル(移行レート:0.005マイル/円)と10マイルコースよりも移行レートが悪くなっています。

どちらのコースのほうがお得かというと、損益分岐点が年間6,480(税込)以上のカード利用があれば、全ての方にとって10マイルコースのほうがおトクです。計算は以下のように行っています。

10マイルコース:実際に支払う金額=6,480円(利用分)+6,480円(移行手数料)=12,960円。貯まるマイル=6,480円(利用分)×0.01(移行レート)=64.8マイル
5マイルコース:実際に支払う金額=12,960円(利用分)=12,960円。貯まるマイル=12,960円(利用分)×0.005(移行レート)=64.8マイル

年間6,480円(税込)以上はカード利用される方が多いと思いますので、10マイルコースにしていたほうがANAマイルを貯める上ではお得となっています。

その他ANAカードとしての基本スペック

カード名 ANA Visa SUICAカード
カードフェイス
年会費(税抜) 2,000円
マイル
1,000円につき
10マイルまたは5マイル
移行手数料 6,000円(税抜)
ボーナスマイル
入会時/継続時
1,000マイル
ボーナスマイル
ご搭乗ごとに
区間基本マイレージ
+10%
海外保険(自動) 1,000万円
国内保険(自動) 1,000万円
備考 SUICA付

カード基本情報

カード基本情報

カード名 ANA VISA Suicaカード 一般
入会基準 満18歳以上の方(高校生、大学生は除く)
※未成年者の方は親権者の同意が必要です
国際ブランド VISA、MasterCard
審査・発行 最短1週間
年会費 初年度 無料
次年度以降 2,000円(税別)
家族カード 発行可能 年会費1,000円(税別)
ETCカード 発行可能 500円(税抜)
利用限度額 -
利息 -
支払日 -
支払方法 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払い
電子マネー iD、PiTaPa、楽天Edy、iD(携帯)、SUICA
発行会社 会社名 三井住友カード株式会社
住所 東京都港区海岸1-2-20