logo
詳しい解説はこちらから

ANAマイレージを貯めるクレジットカード

ANAマイレージとは

ANAマイレージ(以降ANAマイル)とは、ANA(全日本空輸)グループが提供するポイントプログラムで、航空会社のポイントプログラムのため、ポイント(=マイル)は飛行機の搭乗にも利用することができます。また、ANAマイルはJALマイルと陣営を2分して様々なポイントサービスと提携をしているため、その他のポイントを集約することでより多く貯めることもできます。

主な提携しているポイントサービス

主な提携しているポイントサービスは以下の様なところがあります。

  • 楽天スーパーポイント(楽天)
  • Tポイント(TUTAYAなど)
  • nanacoポイント(セブン-イレブン、イトーヨーカドーなど)
  • ヤマダポイント(ヤマダ電機)
  • クレジットカードのポイント(ポイントがANAマイルに移行可能)

ANAマイルを貯めて無料で海外旅行?

ANAマイルが貯めるべきポイントとして、他のポイントサービスより根強い人気である理由が、マイルを貯めて海外旅行など旅行へ無料で行けてしまう点でしょう。「無料で海外旅行」なんていい響きでしょうね。ただし、海外旅行に行くほどのマイルとなると、ニューヨーク=40,000マイル、パリ=45,000マイル、北京=17,000マイルなど10,000マイル以上は絶対にかかってきてしまいます。これほどのマイルを貯めるためには非常に多くの時間とお金がかかってしまいますが、それでも無料で海外旅行は夢です☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

出来る限りマイルを貯めるコツ

1年間で利用している金額はどれほどでしょうか?その金額を全てマイルが貯まる方法で使用すれば海外旅行を無料で行くことも夢ではありません!さらに、同じ金額でマイルの◯倍どり(利用するところによって異なる!)をする方法を知っていればよりたまりやすくなります。そのため、マイルを貯める絶対的なコツは以下の2つです。

  • 少額でも出来る限りANAマイルが貯まる決済方法を利用する。
  • ANAマイルが貯まるクレジットカードを利用し、マイルを◯倍どりする!

一つ目については、そのままの内容のためわかりやすいかと思います。コンビニや電車賃など小さい金額でも積もれば大きなマイルになります。そのためには、楽天ポイント、Tポイント、nanacoポイントなどコンビニでためやすいポイントがお勧めです。ただし、電車賃はJRのSUICAカード付きのものでないと貯めることができません。そこでオススメのカードはSUICAかSUICAと提携をしていてSUICA同様に使えるPASMOの利用です。これらはコンビニの小額決済も電車賃にも利用ができるため、無駄なくANAマイルを貯めることができます!

ANA JCB 一般カード

jcb-ana
年会費(2年目以降) 無料(2,000円(税抜))
還元率の目安 0.500%~0.500%
ETCカード 無料 海外旅行保障 最高1,000万円(自動付帯)
最短発行日数 最短5営業日 ポイント有効期限 24ヶ月
bt1_1
bt2_1

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

jcb-ana-soratina
年会費(2年目以降) 無料(2,000円(税抜))
還元率の目安 0.500%~0.500%
ETCカード 無料 海外旅行保障 最高1,000万円(自動付帯)
最短発行日数 最短5営業日 ポイント有効期限 24ヶ月
bt1_1
bt2_1

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードが発行しANAマイルが貯まる航空系クレジットカードです。

anavisa-suica
年会費(2年目以降) 無料(2,000円)
還元率の目安 0.500%〜0.500%
ETCカード 500円 海外旅行保障 最大1,000万円
最短発行日数 2週間程度 ポイント有効期限 24ヶ月
bt1_1
bt2_1

次に重要な事が同じ金額でも◯倍になる利用方法を出来る限り利用するということです。

ANAが出しているクレジットカード「ANAカード」と「ANAマイレージモール」の両方を利用することでANAマイルの貯まりやすさが何倍にもなります。例えば、楽天トラベルはANAと提携しており、ANAマイレージモールの楽天ページ経由して利用することで、200円=1マイルが付与されます。さらに、楽天トラベルの利用で付与される楽天スーパーポイントも2ポイント=1マイルになります。最後に、ANAカードで決済をすることで1,000円につき10マイルが加算されるのです!

通常時1,000円=10マイルが上記の場合は、1,000円=25マイルも貯まり、通常時と比べると2.5倍もマイルが溜まってしまうのです!「ANAカード」と「ANAマイレージモール」はANAマイルを溜めたいユーザーにとって必須のアイテムとなるでしょう☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

ANAカードの種類

多くのカードがありますが、それぞれランクによって大きく異なる点は以下の3点です。

  • 入会時・継続時のボーナスマイル
  • ANAマイルが貯まる飛行機への搭乗ボーナスマイル
  • 次年度のボーナスポイント

多く飛行機を乗る人や、クレジットカードの利用金額が大きい人にとっては年会費が多少高くても、ハイスペックのANAカードのほうがお得になります。

カード名 ANA JCB 一般カード ANAワイドカード ANA Visa SUICA
カードフェイス
年会費(税抜) 2,000円 7,250円 2,000円
マイル
1,000円につき
10マイル 10マイル 10マイル
移行手数料 5,000円 5,000円 6,480円
ボーナスマイル
入会時/継続時
1,000マイル 2,000マイル 1,000マイル
ボーナスマイル
ご搭乗ごとに
区間基本マイレージ
+10%
区間基本マイレージ
+25%
区間基本マイレージ
+10%
海外保険(自動) 1,000万円 5,000万円 1,000万円
国内保険(自動) 1,000万円 5,000万円 1,000万円
備考 - - SUICA付
ANA JCB 一般カード詳細はこちら ANAワイドカード詳細はこちら ANA Visa SUICA詳細はこちら
カード名 ANAワイドゴールドカード ANAカードZERO ソラチナカード
カードフェイス
年会費(税抜) 14,000円 無料 2,000円
マイル
1,000円につき
10マイル 5マイル 10マイル
移行手数料 無料 無料 5,000円
ボーナスマイル
入会時/継続時
2,000マイル 1,000マイル 1,000マイル
ボーナスマイル
ご搭乗ごとに
区間基本マイレージ
+25%
区間基本マイレージ
+10%
区間基本マイレージ
+10%
海外保険(自動) 1億 なし 1,000万円
国内保険(自動) 5,000万円 なし なし
備考 - - PASMO付
ANAワイドゴールド詳細はこちら ANAカードZERO詳細はこちら ソラチナカード詳細はこちら

ほぼ同じスペックのANAカードANA Visa Suicaソラチナカードはマイルの貯まりやすさが同じですが、小額決済の法則から、電子マネー付きのANA Visa Suicaソラチナカードを選んだほうが多くのカードを保つ必要がなくなり、少額決済のマイルが貯まりやすいことからオススめです。

その他のカードについては基本的なマイルの貯まりやすさは一緒ですが、ANAの搭乗によって大きく変わってくるため、飛行機にのる頻度によって選ぶのが良いかと思います。

クレジットカードによる裏ワザ

通常時のANAマイルの貯まり方は1,000円につき3マイル相当が貯まります。ANAカードは全般的に1,000円につき10マイル以上が貯まるため、通常時はANAカードを使って方がANAマイルがたまりやすくなっています。しかし、ライフカードは誕生日月ポイントが5倍になるポイントサービスを行っています。この爆発力は凄まじく、誕生月は1,000円につき5ポイント=15マイルを貯めることが出きるため、ANAカードよりもANAマイルがたまりやすくなってしまうクレジットカードなのです。

また、ライフカードはANAマイルへの移行手数料が0円でできるため、大変お得です。

ライフカード

年会費が永久無料で、誕生日月ポイント5倍など還元率が高いカードです。ポイント有効期限も3年と通常のカード2年より1年長く、ポイントを貯めやすくなっています。また、申込からカードが手元に届くまでに最短3日しかかからず、カード発行スピードも早いです。

life

☆作るなら今!!!ご入会キャンペーン実施中☆

当サイトからの申込限定で【最大7,000円】相当のポイント!
キャンペーン期間:2017年6月30日まで

年会費(2年目以降) 永久無料(永久無料)
還元率の目安 0.500%〜3.300%
ETCカード 年会費無料 海外旅行保障 なし
最短発行日数 3日 ポイント有効期限 3年間
bt1_1
bt2_1